葬式と香典袋の折りたたみ方

このエントリーをはてなブックマークに追加
葬式と香典袋の折りたたみ方

葬式と香典袋の折りたたみ方

通夜や葬式は香典を持参することになりすが、その際には香典袋の折りたたみ方もしっておきましょう。香典袋を折るときに知っておきたいのは、不祝儀袋です殻むきにも気をつける必要があります。この場合は正式なのは、左手前に折る方法です。裏面に関しては上側のところが、下の折った紙の上と重なるようにしましょう。香典のために用意するお金は、少し注意をする必要があります。あらかじめ準備してあるというのは嫌いますので、一般的なこととして、すでに使用したお札を使います。ただ余りにも汚いお札は、かえって失礼となります。新札を使うこともできますから、一度真剣には折り目を入れて、それを包みましょう。

香典の金額は、故人とどれほど親しいか、その土地の慣習、それに故人の社会的地位によっても異なります。親戚関係である場合は、両親が亡くなった時では10万円くらいです。兄弟のときであれば、3万円から5万円ほどです。近所づきあいくらいであれば、隣組あたりで一軒が5,000円ほどです。親しい間柄である場合は、最低ラインは5,000円から10,000円ほどが目安になります。香典を郵送するのであれば、不祝儀袋に現金を入れて、そこにはお悔やみ文を一緒に同封をしましょう。官製の現金封筒へ入れて、郵便局から送ります。

Copyright 2016 葬式と香典袋の折りたたみ方 All Rights Reserved.